カテゴリー別アーカイブ: アメリカ代表

リオ五輪アメリカ男子バスケ代表決定

リオデジャネイロ・オリンピックのアメリカ男子バスケ代表が決定しました。

team-usa-basketball

【ポイントガード(PG)】
カイリー・アービング(キャバリアーズ)、カイル・ラウリー(ラプターズ)

【シューティングガード(SG)】
クレイ・トンプソン(ウォリアーズ)、ジミー・バトラー(ブルズ)、デマー・デローザン(ラプターズ)

【スモールフォワード(SF)】
ポール・ジョージ(ペイサーズ)、ケビン・デュラント(サンダー)、ハリソン・バーンズ(ウォリアーズ)、カーメロ・アンソニー(ニックス)

【パワーフォワード(SF)】
ドレイモンド・グリーン(ウォリアーズ)

【センター】
ディアンドレ・ジョーダン(クリッパーズ)、ディマーカス・カズンズ(キングス)

IMG_1621

2016NBAファイナルのMVPレブロン・ジェームズ、2015-16シーズンNBAレギュラーシーズンのMVPステフィン・カリーなどが辞退し、ベストメンバーとはいえない布陣ではありますが、GAME7で勝利を手繰り寄せるシュートを決めたアービングとスプラッシュブラザーズであるトンプソンやグリーン、バーンズのキャブス・ウォーリアーズのメンバーも出場するため、最後までNBAを盛り上げた選手たちが今度は同じチームとして、リオのオリンピックを戦います。

1280px-Christ_on_Corcovado_mountain

連覇をもたらしたアメリカ3つの強さ

2014年バスケ世界選手権(FIBAワールドカップ)アメリカVSセルビアの決勝は129ー92でアメリカが2大会連続5回目の優勝を果たしました。

5f99323dc95f

 

ここで、アメリカの強さで印象的だった3つをピックアップして振り返ってみたいと思います。

 

1,勝負所のシュート決定力

james-harden

アメリカは、特定の選手に頼らず、試合前半のうちにそれぞれの役割を明確化していき、3クォーター以降から突き放すという試合展開で対戦国に付け入る隙を与えませんでした。

 

各プレイヤーのシュート確率が高かったのはもちろんですが、ステフィン・カリーとクレイ・トンプソンの3ポイントが効果的に決まっていました。

tumblr_namuz1uc821s7p676o1_500

【平均3ポイント成功率】

カリー:43.8%

トンプソン:41.5%

 

彼らはNBAゴールデンステイト・ウォリアーズのチームメイトで、シュートが決まった時、リングにボールが当たらず、ゴールネットが水しぶきに例えられ、「スプラッシュブラザーズ」と呼ばれています。各国とも試合前から注意していたにもかかわらず、普段と変わらず決められる安定感はNBA屈指の高い成功率を誇るコンビである証明を果たせたといえます。

 

4c443e0b680c2e25aa352f35dea0f151

ほかにも、ジェームス・ハーデンが41.4%、今大会MVPのカイリー・アービングは60.9%と驚異的な3ポイント成功率で試合を優位に進めることができました。

 

また、チーム全体のフィールドゴール成功率52.3%は出場国のなかで唯一50%以上(2位はセルビアで49.8%)で、精度の高いシュートが優勝をもたらしたといっても過言ではないでしょう。

 

 

2,ポジションにとらわれない堅守速攻型の布陣

56508e13f5fe

 

アメリカは、現在のNBAや強豪国で主流ともいえる、走力が高く、複数のポジションをこなせるユーティリティプレイヤーを積極的に選出しました。スタメンでは、SF(スモールフォワード)とPF(パワーフォワード)をアンソニー・デイビス、そして、ケネス・ファリードがPFとC(センター)として、素晴らしい働きを見せ、「チームUSA」の象徴ともいえる存在でした。

 

特に、ファリードのオフェンスリバウンドは1試合平均3.9と突出していました。セカンドチャンスを得られるという期待と信頼がアウトサイドプレイヤーの自信となり、シュート成功率の高さへとつながりました。

 

baf12303d388

3,チームケミストリー

442a8b3e3e44

今回の大会、対戦チームとの得点差は、平均33.0点と世界選手権では歴代2位の数字でした(1位は94年の37.7)。

 

接戦の場面でも動じず、得点差を広げられたのは、ケミストリー(結束力)の強さであり、チームをまとめてきたHC(ヘッドコーチ)のコーチK(マイク・シャシェフスキー)、統括責任者のジェリー・コランジェロ、アシスタントコーチに入ったシカゴ・ブルズHCのトム・ティボドー、そのほかスタッフ全員の努力とそれに応えた選手たちの活躍が、バスケットボール王国の強さを証明する形となりました。

3db95b395b21

 

ベストメンバーとは言えなかったアメリカの連覇で終わった2014年のバスケ世界選手権(FIBAワールドカップ)。ほかの国々はアメリカの強さからたくさんの収穫を得たことでしょう。

 

2年後の2016年にブラジルで開催されるリオデジャネイロのオリンピックに向けて、所属するリーグや各チームで経験を積み、また素晴らしい熱戦を世界のバスケットボールファンに届けてくれることでしょう。

67abae725c80

 

Kデュラントが世界選手権2014を辞退

オクラホマシティ・サンダーのケビン・デュラントが来シーズンに備えて、世界選手権2014のアメリカ代表を辞退しました。

 

Paul+George+Team+USA+Practice+Session+yp6gNpzmbHEl

 

先日のエキシビジョンマッチでインディアナ・ペイサーズのエースであるポール・ジョージが来シーズン全休の大怪我を負ってしまいましたが、前回大会MVPでキャプテン候補のデュラントも欠場となったアメリカ代表。

 

シカゴ・ブルズのデリック・ローズも怪我明けで不安を抱えるため、

 

最終選考となる12人はギリギリまで悩むこととなりそうです。

世界選手権バスケ2014アメリカ代表候補

14 mnt teampic 800

 

8/30からスペインで開催される世界選手権バスケ(FIBAワールドカップ2014)

 

アメリカ代表候補が16人に絞られました。

 

【ガード】

ステフィン・カリー、ジェームス・ハーデン、カイリー・アービング、デリック・ローズ、デイミアン・リラード、クレイ・トンプソン、ダマー・デローザン

 

【フォワード】

ケビン・デュラント、メイソン・プラムリー、アンソニー・デイビス、チャンドラー・パーソンズ、ゴードン・ヘイワード、カイル・コーバー、デマーカス・カズンズ、ケネス・ファリード

 

【センター】

アンドレ・ドラモンド