カテゴリー別アーカイブ: ワールドカップ

世界選手権決勝はアメリカVSセルビア

スペインで開催中のバスケットボール世界選手権(FIBAワールドカップ)はセルビアが旧セルビア・モンテネグロ時代に優勝した2002年以来、12年ぶりに決勝へ進出しました。

6df146124e78

 

準決勝では優勝候補のスペインを破ったフランスに、90-85で勝利。

 

セルビアは予選グループで2勝3敗とギリシャ、ブラジル、そして準決勝で勝ったフランスに負けていました。

 

1発勝負である決勝トーナメントの醍醐味が存分に出たこれまでの戦い。

 

決勝は2年連続5回目の優勝を目指すアメリカVSセルビアに決まり、日本時間9/15(月)午前4時試合開始です。

 

a2f8a3543698

バスケ世界選手権スペイン敗退の理由

20a59d2bd20a

 

開催国であり、アメリカと並ぶ優勝候補に挙げられていたスペインが準々決勝でフランスに52-65で敗れるという、波乱が起こりました。

 

BxN1O--CQAEt_ti

 

スペインは9/3のの予選リーグでは88-64でフランスに勝利していました。

 

なぜ、フランスはスペインに勝てたのでしょうか?

 

一番の要因は、ハーフタイム以降、スペインのオフェンスに対して、フランスのディフェンスがうまくアジャストしたといえるでしょう。

 

スペインは、序盤からアウトサイドのシュートが決まらず、試合を通して、どのプレイヤーも確率が上がりませんでした。フランスは3,4クォーターにアウトサイドのディフェンスへ積極的にいかず、インサイドのディフェンスに集中しました。

 

加えて、NBA屈指のインサイドプレイヤーでもあるスペインのMガソル(13番)の持ち味を消し、フランスはセカンドチャンスを与えませんでした。フランスのラバーン(7番)、ゴベール(12番)の2人でリバウンド合計23を取り、チームでもスペイン28に対して、フランスは50とインサイドを制圧しました。

9f64a86fffd6

 

スペインは3ポイントが全体で22本中2本(9%)、Pガソル(4番)が17得点・8リバウンドを記録するものの、後に続くプレイヤーがおらず、フランスに主導権を握られ続けました。

 

勢いに乗るフランスは準決勝でセルビアと、アメリカは明日の早朝にリトアニアと決勝をかけて対戦します。

 

c24aafe52658