月別アーカイブ: 2016年10月

12/23ピックアップゲーム&忘年会を開催

2016年最後のピックアップゲーム開催日が決定しました!

日時:12/23(祝・金)13:00〜17:00
会場:飯田橋駅周辺にある体育館
※申し込み完了後にメールでお知らせします。

IMG_7026

ピックアップゲームとは、集まったメンバー同士でチームを分けて、繰り返しゲームを行う形式を指し、アメリカでは公園や体育館など、ゴールのある場所でよく見られる光景のひとつです。

jordan-brady-donald-bradley-bball

お友達やチームメイトと同じチームが組めるとは限りませんので、ご理解ください。

—————————————————————

〜参加費〜

男性=2,000円
女性=1,200円

〜参加条件〜

・性別問わず中学生以上

・スクールに年間3回以上のご参加
※初回お申し込みからの参加は行えません。

〜ルール〜

・フルコート5対5。

・前後半。

・合計の試合数と時間は当日決定。

・最大4チーム。

・出場全チームによる総当たり。

・各チームの上限は8人。

・休憩チームのメンバーとコーチの山崎でオフィシャルとレフリー。

・女性のシュートに対する男性のブロックはボールに手が触れるとファウルになる場合あり。ただし、女性同士のブロックやハンドチェックはノーファウル。

・女性がドリブルしている時に対する男性のスティールはボールに手が触れるとファウルになる場合あり。ただし、故意で無いと判断した場合や女性同士および女性のパスに対する男性のカット(スティール)は通常どおり、ノーファウル。

・女性の得点は倍。

・各ハーフもしくはクォーターでチームファウル3つからフリースロー。

・パーソナルファウル最大4つでファウルアウト。

・メンバー交代の順番とタイミングは試合時間に応じて、事前に決める場合あり。

・タイムアウトはコーチ山崎の判断で各チーム1試合2回まで。

・スコアやファウルなどは各試合終了ごとにリセット。

・1試合で女性20点以上、男性15点以上の得点はカウントされない。

・優勝チームの全メンバーに賞品授与。

・そのほか2015年FIBAルールに準拠。

 

終了後は毎年恒例のDUNK忘年会も17:30からあります!

ピックアップゲームに出場していなくても、DUNK CUP・ガールズ&ビギナークラス・チーム練習・スクールなどにご参加いただいた経験がある皆様やそのご友人なら、どなたでもご参加いただけます。

 

お申し込みは予定/スクール申込ページよりお手続きください!

NBA2016-17シーズン10/26に開幕

NBA2016-17のレギュラーシーズンが、日本時間10/26(水)に開幕します。

今年も注目すべきポイントが目白押しです。

ball-uproxx

1)デュラントと2年ぶりの優勝を目指すウォリアーズ

2015-16レギュラーシーズンに最多勝率73勝9敗の新記録を打ち立てたゴールデンステイト・ウォリアーズ。

今年は昨シーズンまでオクラホマシティ・サンダーのエースだったケビン・デュラントが移籍してきました。

hi-res-dead3da59701329296ec231d4f8885e4_crop_north

メディアやNBAファンの間では、カリー、トンプソン、グリーンにデュラントが加わり、ビッグ4と言われるチームがどのような戦いぶりを見せるか、すでに様々な議論が取り沙汰されています。

 

2)レブロンが牽引するキャブスの連覇

2016-17にチーム史上初の優勝をかざったクリーブランド・キャバリアーズは連覇に向け、今年のオフシーズン、着々と補強を進めました。

588693212

主力メンバーに大きな変動はなく、イースタンカンファレンスでは、昨年以上の安定した成績が見込まれています。

 

3)ダンカン引退もPガソルが加入したスパーズ

長年、チームの大黒柱だったティム・ダンカンが引退したサンアントニオ・スパーズは昨シーズン、ウォーリアーズが驚異の勝ち星を積み上げた影響で、影を潜めた格好となってしまいましたが、67勝15敗の好成績を収めました。

ダンカン不在も、リオ五輪スペイン代表で存在感を発揮したポー・ガソルが新たに加入し、これまでと遜色ない戦力を確保した状態で開幕に臨みます。

14679473965826

 

4)新天地ニックスでDローズが心機一転

シカゴ・ブルズでシーズンMVPを獲得し、マイケル・ジョーダン以来の優勝をブルズファンから一心に期待されていたエースのデリック・ローズがニューヨーク・ニックスに移籍しました。

リオ五輪で3大会連続の金メダルを獲得したカーメロ・アンソニーのほか、ブルズでチームメイトだったジョアキム・ノアやGMのフィル・ジャクソンが大きな支えになるのではないでしょうか。

knicks-2

デュラントが去ったサンダーを引っ張るラッセル・ウエストブルック、有望な若手が揃っているバックスやセルティックス、念願のファイナル進出に向け、チーム一丸のクリッパーズなど、活躍が見込まれるチームやプレイヤーばかりです。

そして、どのチームがファイナルで対戦するのか、目が離せないNBAのシーズンがもうすぐ始まります。

217_nbalogo_bootup_preview07_v10