白熱のトランポリンバスケ・スラムボール

バスケにトランポリンを取り入れた、スラムボールというスポーツがアメリカでじわじわと人気が出てきています。

history17.ashx_

ルールは最大9人までベンチに入れて、試合は4対4で行なわれます。

交代回数の制限は無く、試合時間は5分×4クォーターの合計20分です。

得点は遠い距離からのシュートとダンクはスリーポイントとしてカウントされます。

また、ドリブル後は上半身へのタックルが認められているため、試合中は激しいぶつかり合いが繰り広げられます。

134082_10151172659064064_1340116899_o

トランポリンを使うことで、空中の攻防戦や滞空時間の長いダンクシュートなど、バスケットボールの醍醐味をさらに味わえるスラムボール。

見るだけでなく、挑戦してみたいというバスケットボールファンも非常に多いようです。

10855013_10152783580819064_163142497627111576_o

youtubeで公開されている迫力のダイジェストムービーはこちら!